べっぴん声・ハンサム声について

実は、声は自分自身で磨いていくことができます。


声帯は生まれつきもっている楽器であり個性、と考えると、自分だけの楽器の良い音色を引き出すのは自分次第!美文字、着付け、楽器などと同じように練習・実践あるのみなのです。


優しく、あたたかく、説得力のある声。そんな声で話しかけられたとき、とても気持ちよく、素直にお話の内容が入ってくるような経験があるのではないでしょうか?


声の柔らかさ、あたたかさ、心地よさなどの音色は、「声帯の周りの筋肉を鍛えるフィジカルな面」「心を映すメンタルな面」そのどちらにも影響を受け変化します。考えの内容は言葉で、思いは声の音色で伝えるとすると、考えを伝えるときに、より説得力を持たせるのが声で、もちろん言葉選びも大事なところになってきます。


そのような声を発するための礎・ベース・きっかけづくりを自然の中で和気あいあいとしていきましょう、という講座を、私の大好きな「北鎌倉 たからの庭」で開催させていただいています。

豊かな自然の中で思いっきり声を出して、自分の思いをもっと伝えられる第一歩を踏み出してみませんか?


個人レッスン、ご友人や企業様で複数名のプチ講座なども、お気軽にご相談ください。

0コメント

  • 1000 / 1000