【開催レポート】9/17 「伝わる」の「きほんの『き』」

三連休の最終日にもかかわらず多くの方にご参加いただきました!

カマゾウこと、かまくら駅前蔵書室へ初めて来た!という方が多く、3階までの階段にまずは驚かれたことと思いますが、居心地のよい空間に最初から和やかな雰囲気でスタート!


前半は、声について。

そもそも声って?と、普段あまり意識しない声について見つめなおした後、声にまつわる体験を共有していただきました。


声って案外情報量が多かったり、

お相手あっての「伝える」だったり、

「伝える」には「聴く」ことも大事だったり、

皆さんそれぞれのよい気づきが、お互いを影響し合っていたように思います。



そして発声してみようのワークへ。

的を絞ることで声ががらっと変わることを体験いただきました。

実は、毎回私も驚く瞬間だったりします☆


恒例の、声を届けよう選手権も開催!

ふわっと届けたり、直球ストレートだったり、個性を生かしながら声を物理的に届けるイメージを持っていただきました。


後半は、伝え方について。


伝えるメソッドに沿って、ご自分の身近な題材や、人前で伝えるシーンに応じてお話を整理して→伝えるを体験いただきました。

発表しつつ一緒に仕上げをして、こうすればいいのかー!というスッキリとした表情が印象的でした。

最後は、参加者の皆さん同士で決意表明&感想を伝え合って終了☆

いただく言葉は贈り物♪ 私もいただけばよかった(笑)



それぞれに色んな気づきをお持ち帰りいただけて、いいお声とキラキラした表情で「楽しかったー!!」というお声もいただき、私にとっても「伝わる」実感が得られる楽しいひとときとなりました。感謝!



皆さまの日常の「伝える」が少しでも楽しいものになりますように。

本日もありがとうございました!




☆次回は10/6です☆



0コメント

  • 1000 / 1000